クラウドワークスはやめたほうがいいと言われる理由|初心者への注意点も!

Why?と書かれた木のブロック クラウドソーシング
この記事は約8分で読めます。

国内最大手のクラウドソーシングサービスといわれるクラウドワークス

人気がある一方で「やめたほうがいい」「稼げない」という評判があるのは、いったい何故なのでしょうか?

naka
naka

こんにちは!フリーライターのnakaです。

在宅ワークをするならまず登録しておくべき!といわれるクラウドワークスですが、やめたほうがいいという声も結構耳にしますよね。

どうして、クラウドワークスは「やめたほうがいい」といわれているのか?
稼げないという評判がある理由は?

クラウドワークスで受注も発注も経験しているフリーライターの筆者が、「クラウドワークスはやめたほうがいい!」という評価の理由に迫ってみたいと思います。

この記事はこんな人におすすめ

クラウドワークスの評判が知りたい
クラウドワークスの登録を迷っている
在宅ワークで稼ぎたい

スポンサーリンク

クラウドワークスはやめたほうがいい理由3つ

いったいなぜ、クラウドワークスはやめたほうがいいといわれるのか。まずはその理由に迫っていきましょう。

単価が低い仕事が多い

小銭と電卓と豚のマスコット

クラウドワークスは、在宅ワーク初心者でもできる仕事をたくさん掲載しています。

ですが、完全な初心者ができる仕事は単価が低いのが当たり前。

激安単価案件の一例

・Webライティング…1文字0.1円
・データ収集…1件10円
・商品登録…1件40円
・レビュー投稿…1件50円

一方で、上級者向け案件は競争率が高く、高単価の仕事にはなかなかありつけないというケースも少なくありません。

本気で稼ぎたいならクラウドワークスはやめたほうがいい!という声が出るのは、それが理由です。

naka
naka

人気がある反面、登録者数が多すぎて思うように稼げないというデメリットがあるんですね。

悪質なクライアントがいる

クラウドワークスは、ワーカー登録者数と同じく登録企業も国内最多級です。

受注も発注も登録は無料で、オプションで本人確認制度などがあるだけ。つまり、個人でも簡単に「クライアント側」として登録できてしまうのです。

悪質なクライアントに対する通報システムなどはあるものの、実際に完全排除することは難しく、金銭・契約トラブルに発展してしまうケースもあるようです。

naka
naka

私自身、腹立たしい思いをしたことはあります。そういうケースが続くと、「クラウドワークスやめたほうがいいよ!」といいたくなるのもわかる…。

手数料が高い

クラウドワークスは登録は無料ですが、契約成立して仕事を終えて報酬が確定する際に、クラウドワークス側に支払う手数料が発生します。

これが、なんと報酬の20%!

クラウドワークスの応募画面

消費税も差し引かれるため、例えば3,000円の契約だとワーカー受け取り金額は2,340円になります。

安全な仲介をしてくれている以上、こればかりは仕方がないことではありますが、手数料の20%は痛いなぁ~と感じているワーカーは決して少なくありません。

クラウドワークスはやめたほうがいいといわれるのは、この点にも原因がありそうです。

スポンサーリンク

クラウドワークスで稼ぐコツは?

ではここから、クラウドワークスのデメリットを回避する方法を紹介していきます。まずは、単価問題から!

仕事探しに時間をかけない

腕時計と1万円札

仕事を探して応募をするだけでは、1円の稼ぎにもなりません!

クラウドワークスで仕事を探す時は、ジャンルはもちろんのこと、単価などの条件を3~4つほど決めてから募集案件を表示しましょう。

ヒットした案件を確認したら、できそうなものにどんどん応募!

naka
naka

条件にこだわりすぎたり応募に慎重になりすぎたりすると、結果的に働く時間が減ってしまいます。

簡単すぎる仕事は受けない

初心者のうちはついつい「未経験者可」「初心者歓迎」というワードが目に入りますが、その中でも「〇〇円以下の仕事は取らない」とラインを決めましょう。

すぐに終わる仕事を次々受注していると、たくさん働いている気分になりますよね。

そして1ヶ月が過ぎ、まとまった報酬額を確認するとあまりの安さにがくぜんとしてしまう…というケース。

クラウドワークスはやめたほうがいいと思ってしまうのも、これでは仕方がないですよね。

naka
naka

費用対効果がわからない時は、ざっと時給換算してみるのがおすすめ。

高望みしすぎない

たくさん稼ぎたい!と思うあまり、上級者向けの高単価案件にばかり目を向けるのも考えものです。

・競争率が激しい
・求められるクオリティが高い
・作業に時間がかかる

これでは、結果的に稼ぐどころではなくなってしまいますよね。

簡単すぎる仕事では稼げませんが、好条件すぎる仕事もまた、稼ぐのが難しいのです。

クラウドワークスはやめたほうがいい!という口コミは、このバランスをうまくつかめなくて困っている人からのものが多いかもしれません。

逆をいうと、自分のスキルに合う及第点の案件を探すことに慣れさえすれば、意外とサクサク稼げるようになりますよ^^

スポンサーリンク

クラウドワークスの悪質なクライアントの特徴

クラウドワークスには悪質なクライアントが多いからやめたほうがいい…というのも、よく聞く話。実際に私が遭遇した、ちょっとイヤなクライアントの例を紹介します。

テスト納品だけで断られるケース

不採用通知書

クラウドワークスをはじめ、クラウドソーシングサービスで仕事を請け負う際に、よく「テスト納品」というものがあります。

履歴書の提出面接がないオンラインのやりとりにおいて、テスト納品が一番わかりやすい判断基準になりますからね。

ただし、正規の報酬よりもずっと安いテスト納品を利用する悪質なクライアントもいるので要注意!

・本採用後の単価が驚くほど高額
・クラウドワークスに登録して日が浅い
・テストの内容が本格的

ワーカー側は、採用されたい一心で頑張ってテストに挑みますよね。

ですが、上記の注意点に引っかかるところがあれば、よくよく検討してから受注してください。

結果は不採用だったのにテストで提出したものが使われている、というケースも実際にあるんです!

外部のツールで契約をしようとするケース

在宅ワークやリモートワークが広まるにしたがって、ビジネス用の連絡ツールオンライン会議システムもずいぶん充実してきました。

クラウドワークスでも、連絡は外部ツールを使いたいというクライアントが増えています。

・チャットワーク
・skype
・zoom

・LINE
・slack

ツール自体は便利ですが、まれにクラウドワークスを通さずに仕事の依頼をするクライアントも…。

クラウドワークスを通さない契約や納品は、報酬未払いというサイアクなことになっても、誰も保証してくれません。

悪質な詐欺に遭ってしまったら、クラウドワークスはやめたほうがいいと言いたくなるのも当然ですよね。

自社セミナーなどに誘われるケース

最近は減ってきたかもしれませんが、一時期「月収30万円超え!稼げる在宅ワークのセミナーに参加しませんか?」的な、ナゾとしか言いようのないメッセージをよこす企業もありました。

掲載されている募集自体は怪しくも何ともなく、健全で安全で良さそうな案件。

なかなか条件の良い仕事だと思って応募をしてみると、LINEのIDを聞かれたりオンラインのセミナーについての返信がくるんですね。

naka
naka

セールスコピーのスペシャリストが書いているようで、なかなか魅力的な文章なんです。これは別で、クラウドワークスで募集しているのかな?なんて思ったりして(笑)

クラウドワークスはやめたほうがいい!という人の中には、こういったナゾのセミナーに引っかかってしまった苦い過去があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

クラウドワークスの手数料は高いのか低いのか

次に気になるのは、クラウドワークスのシステム手数料です。報酬の20%は、やはり高いのでしょうか?

システム利用料20%は相場

はてなマークが書かれた木のブロックと小銭

結論からいうと、報酬から20%を手数料として差し引かれるのは、決して高くはありません。

クラウドソーシングサービスの利用手数料としては、相場といって良いでしょう。

ただ、最近では手数料が20%以下または0円(運営会社orクライアント負担)というサービスも増えてきました。

クラウドワークスやランサーズがサービスを開始した頃は普通だった手数料20%が、今では「高い」というイメージになってしまっているんですね。

手数料が安いクラウドソーシングサービス

極端に高いわけではない、クラウドワークスのシステム利用料。

でも、報酬から差し引かれる手数料は安ければ安いほどありがたいですよね。

大手のクラウドソーシングサービスで、手数料が安いのはこちらの3社です。

クラウドソーシングサービスは、近年どんどん増えてきています。

クラウドワークスにこだわらず、自分にぴったりのクラウドソーシングを探してみるのも、1つの方法ですよ!

「在宅ワーク初心者におすすめのクラウドソーシング10選」

スポンサーリンク

【まとめ】クラウドワークスはやめたほうがいいと思う前にデメリット回避しよう

クラウドワークスはやめたほうがいい!という声があるのは事実。

登録企業もワーカーも国内最多数のサービスですから、良い意味でも悪い意味でも幅が広く、上手に利用できない人ももちろん出てきます。

ですが、募集案件数が国内最多数であることも、1つの事実です。

どうしても仕事が見つからない…と悩んでいる人には、便利なサービスであることは間違いありません。

上手に利用するコツさえつかめば、クラウドワークスは「やめたほうがいい」どころか「絶対登録したほうがいい」になるはず。

まずは登録して、様子を探るところから始めてみませんか?

『Cozy Home』
管理人:naka
お酒と映画と本をこよなく愛するフリーライター。3児を育てるシングルマザーです。

タイトルとURLをコピーしました